お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、
最新ブラウザのご利用をお勧め致します。

プラスチックカードの制作を依頼しよう

制作できるプラスチックカードの種類について




プラスチックカードの制作を検討している人は少なくないでしょう。現在では制作依頼ができるところは複数あります。また、インターネットから対応してくれる業者もあるので、地域に関わらず注文をすることが可能です。制作できるプラスチックカードの種類はたくさんあるので、依頼を検討している人は事前にその種類について知っておくと注文をする際に参考にできる可能性があります。



種類の一つとして挙げられるのが、安くできるカードです。安くできるカードはその名通り他の種類に比べて安価に購入することが可能です。安くできるカードの中には片面印刷のものと両面印刷のものがあります。次に早くできるカードです。早くできるカードは短い期間での納品が可能で、業者によっても異なりますが4営業日から5営業日までに納品が可能なものもあります。一般的には片面、両面の印刷が可能で、ナンバリングをすることができるものもあります。



しっかりしていて薄いカードを扱うところもあります。このカードはモノクロはもちろんのこと、フルカラー印刷が可能でサインパネルやバーコードなどを印刷することもでき、箔押しなどの加工もすることができます。



その他の種類としては高級感のあるカードがあります。クレジットカードの厚さを選択するのが一般的で、業者の中には0.76ミリを推奨するところもあります。様々な加工を施すことができるタイプです。また、様々な情報を1枚のカードに詰め込みたい時もあるでしょう。そのような時には写真などの異なるデータも扱える種類を選択する人が多くなっています。





テンプレートも豊富に扱う業者が多い




プラスチックカードは様々なシーンで利用されるため、デザインテンプレートを豊富に扱っている業者もあります。プラスチックカードを依頼する時はデザインを作成する必要があります。具体的にどのようなデザインテンプレートが業者で扱われているのかというと、例えば診察カードなどが挙げられます。実際にプラスチックカードは診察券カードとして使用される機会が多くあります。その他にも社員証、メンバーズカード、ギフトカードなど様々なテンプレートが扱われています。



では実際にプラスチックカードの制作をする時に、テンプレートを使用することでどのような利点があるのでしょうか。例えば製作時間の削減です。基本的にレイアウトは既に組まれています。診察カードのテンプレートであれば、クリニックの名前、電話番号や住所を記載するケースが多いですが、だいたいの配置が決まっているので自分のクリニック情報に変更するだけでデザインを完成することができます。その他にもデザインテンプレートを用いればイラストや写真なども活用できるので、制作をする時にイラスト制作、写真撮影をしなくても完成させられます。ただ、クリニックや会社の中にはオリジナル性を高めるために素材を自ら準備することも多くなっています。素材を準備する時はテンプレートに含まれているイラストや写真を変更すれば完成できます。



業者によっても異なりますが、デザイン制作や入稿にはあらかじめルールを設けているところがあります。例えば作業を行うソフトウエアに関しては指定があるケースが多く、指定に従って作業を開始する必要があります。ソフトウエアの種類だけでなく対応できるバージョンなどもあるので事前に確認をしましょう。また入稿をする前にカラーの変換をしなければならないこともあります。例えばRGBの設定で作業していた人は入稿する時に印刷カラーをCMKYに変更しなければならないケースもあります。また、フォントはアウトライン化をすることを推奨する業者もあります。もし自分自身でデザインの作成をする場合は、あらかじめデータ作成の注意点などを確認してその後にデザイン作成を始めましょう。デザインが完成したらデータをメールやホームページから入稿することが一般的です。





プラスチックカードを制作するための業者の選び方のコツ




プラスチックカード制作の依頼を検討している人の中には、どのような業者を選べばいいのか分からない人も少なくないでしょう。選び方のコツとしては価格を比較することが挙げられます。価格は各業者によって異なり、選択をする時は比較検討をする人も多いです。業者のホームページなどから価格を知ることができるので、必要な情報を収集して予算内で対応してくれる業者を選択します。



その他の選び方としては枚数です。注文する人それぞれで制作してほしい枚数は異なります。例えば、少ない枚数を準備したい方もいれば、診察カードなどは多くの人に渡すことになるためかなり多く準備したいという人もいます。そのため、自分が注文した枚数に対応してくれるかどうかの確認を行います。



納期も確認をしましょう。短納期の実現が可能なところもあるので、早い期間でプラスチックカードを受け取りたい方は短納期に対応してくれるところを選択するとよいでしょう。

;