お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、
最新ブラウザのご利用をお勧め致します。

卓球などの観戦に応援幕を利用したいとお考えの方へ

応援幕の作り方と素材について


卓球などのスポーツ観戦では、応援幕が使用されるケースが多く見受けられます。応援幕は、自分で作ることも可能です。自分で作る場合、手作りの温かみが感じられる、この世に一つしかない幕を手に入れることができるというメリットがあります。ただし、長い期間にわたって使用する場合、幕が雨風にさらされたり、汚れたりするリスクも高くなります。そのような状況の中で、耐久性の高い幕を手に入れたいと考える場合には、専門の業者を利用するのも方法の一つです。専門業者の場合、その道のエキスパートとして培ってきたノウハウを活かして、素材などに気を配り、丈夫な幕を作ってくれるというアドバンテージがあります。
専門業者に幕を作ってもらう場合、素材にも気を配ることが大切です。幕の素材には、トロマットやテント布、テトロンポンジ、ターポリンなどのバリエーションがあります。それぞれの素材は、特徴が異なるので、使用する環境や目的などに合わせて選ぶと良いでしょう。その中でもトロマットは、厚みのある丈夫な屋内用の素材です。こちらは、短期イベントや展示会に用いるタペストリー、イラスト出力、キャンペーン幕などに適している素材と言えます。ただし、屋内での使用が前提で、水性インクを使用しているため、雨などによる水濡れには注意する必要があります。

幕に使用する素材を選定する際のチェックポイント


これから卓球などの観戦で用いる応援幕を注文する場合、素材の選び方にも気を配ることが大事です。そのような場面では、幕の使用環境や用途などを考慮に入れた上で、適切な素材を選定するようにしましょう。例えば、屋外用の素材としては、テント布が多く使用されています。こちらは水濡れや汚れに強いので、メンテナンスや保管にかかる負担が軽くて済むというメリットのある素材です。
次にターポリンは、応援幕の素材として最も多く使用されている素材であり、こちらは耐久性が高いため、屋外や長期間の使用に適している素材です。ターポリンを素材として応援幕を作る場合、幕のサイズにも気を配ることが大切になります。サイズによって、記載内容の視認性や、幕の重量、強度などの条件に違いが生じてきます。例えば、ある程度の範囲内であれば、一枚の素材で作ることができますが、一定のサイズを超える幕を複数の素材で作る場合、継ぎ方によっては、視認性が悪くなるので注意する必要があります。また、サイズの大きい幕は、それだけの重量があるほか、屋外で使用する場合には風圧などの影響もあるので、必要な強度を得るための対策を講じることも必要になってきます。
ターポリンは、丈夫で水濡れにも強く、強度の高い素材なので、工事現場の養生にも使用されています。さらに、写真を印刷したり、屋内用の幕として使用したりすることも可能となっています。ただし、素材の特性上、折りたたんだ状態で長い期間が経過すると、貼りついてしまう場合があるので、保管の際には丸めておくことがポイントです。そして、一口にターポリンと言っても、光沢のあるタイプや厚手の遮光タイプ、メッシュタイプなどの種類があるので、用途や使用環境にマッチしたものを選ぶと良いでしょう。

デザインの作成に際して気を配りたい事柄はこちら


卓球などのスポーツ観戦時に使用する応援幕を作る場合、デザインもチェックしておきたいポイントになります。そうしたシーンでは、幕に記載したメッセージが効果的に伝わるよう、デザインに工夫を凝らすことが大切です。
デザイン作成に際しては、まず、ターゲットにとっての視認性が高くなるようにレイアウトを考えましょう。例えば、遠くにいる人に対してメッセージを伝えたいのであれば、サイズの大きな幕を作ると良いでしょう。その反対に、相手が近い距離にいる場合、大きいサイズの幕は、かえって視認性が低くなってしまうので、注意する必要があります。
次に、幕に多くの文言を記載すると多くの情報を伝達することができますが、一目見た時に内容が分かりにくくなってしまうという問題点も発生します。したがって、一目で内容が伝わるインパクトの強い幕を作るためには、必要な情報を厳選し記載すると良いでしょう。
そして、当然のことながら、専門の業者に発注する場合、出来上がった品物を納入される時期にも気を配らなければなりません。どんなに良い品物が仕上がっても、使用するイベントの開催される期日までに納入されなければ、意味をなしません。そのような失敗をしないために、あらかじめ担当者としっかり打ち合わせをして、納期を確認しておくことが大切なファクターです。そうした場面では、早めにアクションを起こすことが望ましくなります。それから、諸々の事情で発注をかけるタイミングが遅れてしまい、イベントの開催日が迫っているような場合には、短納期の作業に対応してくれる業者を探す必要性も生じてきます。

;