お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、
最新ブラウザのご利用をお勧め致します。

等身大パネルを注文しよう

等身大パネルの活用シーンについて



現在では等身大パネルを活用できるシーンがたくさんあります。注文に関してもインターネットから対応してくれる業者があります。そのため、データを取り入れやすくなりましたが、具体的にはどのようなシーンで活用することができるのでしょうか。


活用できるシーンとして挙げられるのが宣伝活動を行いたい時です。宣伝をすることで企業が販売する商品を消費者が選択してくれる可能性が高くなります。売り上げなどにも好影響を与えることになるので、積極的に宣伝活動を行うところは珍しくありません。宣伝活動の一環として、店舗に設置されることもよくあります。実際に飲食店では等身大パネルを用いてメニュー紹介を行っているところなども存在します。サイズの大きいタイプを選択すればそれだけ多くのメニューを紹介することができます。また、定期的に注文をすれば季節メニューなども知ってもらうことができるので、店舗を運営している人の中にはメリットを感じる人も多くなっています。


店舗だけでなく展示会などでも活用されることがよくあります。展示会ではブースを借りてそこでサービスや商品の紹介を行います。関東圏などでは数多くの企業が集まり大規模な展示会が開催されることもありますが、そのような展示会のブースに等身大パネルを設置する企業も多々あります。展示会のブースに設置をすれば、目新しさを主張することができ、訪れた人にスマホで記念撮影を行ってもらい、その写真をSNSなどにアップしてもらうことも期待できます。このように一定の宣伝効果があるので、利便性が高くなっています。


さらに活用シーンとしては宣伝をしたい時だけでなくイベントで案内をしたい時なども挙げることができます。イベントで活用される時は宣伝目的ではなく案内板として活用するケースがほとんどです。案内板があれば初めてそのイベントに来た人でもどこに目的の会場があるのか知ることができるので、道に迷うことなくスムーズに会場入りができるようになります。案内板として活用する時はイベントの種類によっても異なりますが、子どもから人気のあるキャラクターがデザインとして採用されるケースもあります。また、「いらっしゃいませ」等の文字もデザインの中に含められることがよくあります。


その他の活用シーンとしては結婚式などの記念行事を挙げることができます。実際に結婚式では等身大パネルがウエルカムボードとして扱われることもあります。通常のパネルではなく結婚式で用いる時はカットライン制作を依頼する人も多いです。カットライン制作をすることでその人物に沿って型をとることができるので、目新しさを表現できます。このように様々なシーンで活用できるので、イベントや展示会、結婚式を行う人は購入を検討するのも選択肢の一つです。



等身大パネルのデータ入稿のポイントを知ろう




等身大パネルを制作依頼する時はデータ入稿をするのが一般的です。基本的に等身大パネルにはキャラクターや主人公の写真を取り入れるケースが多いので、デザイン制作を注文者が行い制作を依頼することになります。データ入稿する際には幾つかポイントがあるので、そのポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。


ポイントの一つとして挙げられるのが、ドキュメント設定の確認です。ドキュメント設定は業者で指定しているケースが多いです。例えば、カラー設定をCMYKに変更してから入稿することを推奨している業者もあるので、ドキュメント設定を業者指定のものに合わせます。さらにバージョンを確認します。業者によって制作をするソフトは指定がありますが、スムーズにやり取りをするためにバージョンの指定も行っているところがあります。バージョンを確認してからデザイン制作を初めましょう。


また、データに圧縮をかける人もいますが、データに圧縮をかけずにそのまま添付することを推奨しているところも多くあります。データ入稿をする際においては、送信できるデータ容量を1ギガまで対応可としているところもあります。そのような場合には、データ圧縮をしなくても送信をすることが可能です。そして、印刷をする際に不要なデータは削除します。さらに画像の解像度は指定のものにしましょう。このように等身大パネルを制作依頼する時にはデザインの入稿時にチェックしたいポイントがあるので、あらかじめ確認をしておくことで業者とのやり取りをスムーズにできます。



実際に注文をしてみよう




等身大パネルを注文する時には実際に業者を選択することになります。業者によって取り扱うサービスや価格は異なるので、選択する時はまずリストアップしてから自分に適した業者を選択しましょう。


例えば急ぎの人にも対応できるサービスがある業者も存在しています。急遽宣伝ツールとして使用したい、イベント開催のために一ヶ月以内で準備をしなければならないということもよくあります。急ぎの人は短い期間で準備が可能な業者を選択しましょう。できるだけ安い価格でサービスを提供してくれる業者を選びたい人は、各業者の値段を比較することはもちろんのこと、送料などもどれぐらい必要なのか確認することが大切です。


業者の中には一定金額以上購入をした人に対して送料を無料にしてくれるところもあります。そのような業者を選択すれば、結果的に安く等身大パネルを手に入れることができる可能性があります。

;