お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、
最新ブラウザのご利用をお勧め致します。

野球の応援幕は人目を引くデザインにしよう

応援幕は人目を引くデザインで

 

高校野球の憧れの地と言えば甲子園球場ですが、毎年、春と夏には地方予選を勝ち抜いた強豪チームが感動的な野球ドラマを展開しています。野球をはじめとしてサッカーやバレーなどのスポーツの応援には、必ずといっていいほど両チームの応援席に応援幕があります。野球の応援幕は、一球入魂や全力投球などの四字熟語やキャッチコピーなどが書かれており、それがあるだけでチームのエネルギーになります。



中学校や高校の野球は学校の部活動として行われていますが、それぞれ学校を象徴するマークや校章などをデザインされている応援幕もよく見られます。声や楽器を使った応援も選手にパワーを与えてくれますが、応援幕も同じように学校を代表する選手へ勇気とパワーを与えてくれます。甲子園などの野球スタンドでの応援風景をみると、応援団を中心にして生徒や父兄が応援旗を振り、チームの勝利のために一体となって応援しています。自分のチームだけでなく相手チームも同じように応援していますし、球場内のお客さんも両チームに声援を送っています。



そのように、自分たちの声援が選手まで届かないときでも、応援幕のメッセージで気持ちを伝えることができます。大きなものは遠くからでも見ることができるので、相手応援席にも自分のチームのメッセージが届いていることにもなります。応援幕は選手に勇気とパワーを与えるとともに、相手チームとの応援合戦をより一層盛り上げる効果もあります。そこで、応援幕を作成するときは、人目を引くデザインやレイアウトを工夫してライバルチームより目立つものを作ることが大切です。



人目を引くものにするためには、まず幕にデザインしたメッセージが的確に伝わることが重要です。そのためには、文字の大きさや色、レイアウトを工夫して相手にしっかり見えることが大切です。配色もチームカラーをバックに使いインパクトを強めたり、文字を縁取りして引き立てることもできます。また、文字だけでなく、イラストや写真を入れるとより人目を引くデザインの幕にすることができます。このようにチームの要望に応えてくれるデザインのものを作成するためには、しっかりとしたプロの業者に注文すると良いでしょう。




野球の応援幕の素材はどうするか


野球の応援幕を作成するときは、素材についても理解を深めることで、より長く経済的に使っていくことができます。野球でよく使われている素材としては、ターポリンといわれるものがあります。これは、ポリエステルの布を合成樹脂フィルムで包み込んだビニール系の素材になります。この素材の特徴は、耐光性と耐水性に優れているところです。屋外で行う野球のものは、太陽の光や雨などに晒されることが多くなります。光や水に強い性質のあるターポリン素材であれば、しっかりとフィルムで保護されているので長持ちするというメリットがあります。



また、ターポリンは水だけでなく、泥などの汚れもよくはじくので、汚れに強いという特徴もあります。もし、汚れてしまっても簡単に洗い流すことができるので、お手入れにも手間がかかりません。この素材は他にも横断幕や垂れ幕など幅広いシーンで使われていますが、価格がリーズナブルということが選ばれるポイントになっています。ターポリンとともに素材としてよく使われるのがトロマットです。トロマットは軽くて丈夫なポリエステル素材で、トロマットは印刷した画像や文字が綺麗に発色するという特徴があり、綺麗な状態で応援に使うことができます。ただし、ターポリンのように水をはじくことができないので、雨が降ると水分を含んで重くなり雨天時の使用には向いていません。



他には、野球やサッカーなどの屋外用の素材として使われるものにポンジという素材があります。この素材は薄手の生地が特徴であり、印刷した文字や図柄が裏抜けするという特徴があります。撥水性にも優れているので屋外用の幕に使われることが多く、飲食店ののれんやのぼりなどにも使われている素材です。このように応援幕に使われる素材にはそれぞれに特徴がありますが、それらの保管の仕方も大切なことです。お手入れの仕方は素材によって違いがあり、ターポリンであれば水には強いのですが、しまうときには水気をふき取り必ず乾かす必要があります。また、トロマットもそうですが、保管するときは折りたたむのではなく丸めて保管することです。折りたたんでしまうとインクが剥がれてしまうので注意が必要です。折りたたんでしわができてしまった場合は、あて布をしてスチームを使わずに弱でアイロンをかけるのが一般的です。長く使うためにはお手入れの仕方が大切ですし、そのようなことも専門の業者で作成すると詳しく教えてくれます。




差をつけるためにはプロの業者に依頼する


応援幕で他の野球チームに差をつけるには、自分たちのイメージ通りに作ってくれる業者に依頼することです。オリジナルで制作する場合でも、チームで使いたいイラストや文字を業者に入稿することもできますし、チームの要望に応じて専門のデザイナーがデザインを考えてくれるプランもあります。専門の業者が設置場所や用途に応じて素材を選び、高品質のものを制作してくれます。



ただ、応援幕を制作してくれる業者はたくさんあるので、選び方を間違わないことが大切です。価格は使われる素材やデザインの複雑さによって変わってきますが、そのようなことも丁寧に相談してくれる業者を選ぶことが大切です。電話やファックスで親切に対応してくれたり、専用のお問い合わせフォームがあると便利に活用することもできます。また、中にはデザインの修正にも何度か応じてくれるところもあります。デシタルデータをメールで送付してくれるので、イメージと違えば部分的な修正をすることもできます。



このように専門の業者でもそれぞれサービス内容に違いがあるので、事前にネットを使って情報を集めていく必要があります。これまで使っていた業者を使われる方が多いと思いますが、いろいろ調べていくなかで、安価で高品質なものを作成してくれる業者に巡り合える可能性もあります。そのような通販サイトに依頼することで、十分なサポートを受けながら素敵な応援幕を作ることができます。

;