お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、
最新ブラウザのご利用をお勧め致します。

ユポシートの素材の特徴と横断幕としての活用法

ユポシートとは




ユポシートというのはユポ接着シートとも呼ばれる素材です。主な素材はポリプロピレンであり、樹脂による合成紙です。特殊な添加剤を用いることで気泡を発生させ、表面を成膜しているものになっています。特徴として、貼り付けが可能であるために広告用としての使用はもちろん、ポップやガラス面の広告で多く使われています。ただし、のりを使って貼り付けて使用するために、使用する場所によってはのりが残ってしまうこともあります。そこで貼り方やのりの種類には注意が必要です。




印刷をしたものが裏うつりすることなく、なおかつ表面に綺麗に印刷をすることができるので、文字だけでなく写真やイラストの印刷をすることができます。いろいろなものが印刷できますので、思い通りのものを仕上げることが可能です。広告のポップというのは、色々な場面で使用することができます。イベントの告知に使ったり、そのイベントで自分たちの場所をアピールするために使ったり、広告宣伝のために使ったりと用途も幅広いです。




薄い素材であるために貼り付けることも可能で、そのままで使っていくこともできます。使用しない時は丸めて保管をすることができ、なおかつシワがつくことなく保管が可能です。水に強いインクを使用して印刷をしておけば、濡れても文字が消えないので外で使用もできます。汚れても水ぶきすれば落とせることがほとんどです。そのため、イベントの時やシーズンの時だけ屋根のある外に長く掲示をして使用するということも可能ですので、安心して使うことができます。




このように、使える場面が多いためとても汎用性が高い素材としても人気です。



ユポシートでポップを作る




ユポシートには光沢のあるタイプと、そうでないつや消しタイプのものとがあります。そこで、使用する場所や目立たせ方によって使用する用紙タイプを選ぶことが必要です。サイズは希望するものに応じてカットして製作をしてもらうことが可能です。そこで、小さめのノートほどのサイズから大きなものになれば10メートルほどの長さのものまで対応できます。先述したように、ガラス面に広告として掲出したり、ポップ広告として室内に掲示をしたりということが主な用途です。作ったシートを直接貼って使用することができるので、貼り付けに別途テープが不要で、見た目が綺麗という特徴があります。




作成したいデータがあれば、それを業者に送ってデータの作成をしてもらいます。その際に印刷が不鮮明になりそうなものやサイズ調整、色の調整、デザイン調整が必要なものについてはアドバイスをもらうことができます。もしもデザイン案が浮かばないという場合には、相談をしてアイデアをもらうということも可能です。また、製作をするにあたって費用の面で不安があるという時には、事前に相談をして見積もりを出してもらうこともできます。見積もり内容を確認して、費用的に難しいと判断すれば断ることも問題ありませんから、まずは相談をすることから始めるようにしましょう。




ユポシートの最大の特徴はその発色の良さです。そこで、写真データが入っているものやカラフルなものは、特に印刷が綺麗に仕上がり良い広告を作ることができます。そこで、最大限発色の良さを活かすことのできるポップを作成するのがおすすめです。





ユポシートの掲示物の注意点




ユポシートでのポップ作成にあたっては、いくつか注意するべきことがあります。まずは特殊な素材であるために取り扱っている業者に限りがあるということです。中には、掲示をするために粘着力が高く、なおかつ印刷の仕上がりが美しいということで、ユポシートを必ず使いたいと思っている人もいます。そこで、ユポシートを絶対使いたいと思っている場合には、必ず取り扱いがある業者を先に選んで問い合わせるようにしましょう。




次に、ユポシートの素材についてあまり知らない、必ずユポシートでなければならないことはないけれど、ユポシートが良いと聞いて使用してみようかと思っている人もいることでしょう。そのような場合には、事前の見積もり作成の際にその旨を伝え、色々な素材の中で自分たちの作りたいデザインに最も合っている素材が何かを聞いて作成するというのも有効です。




業者によっては、インクが水に弱いものも多く、そうなると耐水性がかなり下がってしまいます。屋内のみで使用するのならば問題ないのですが、外で使用したい場合には使用できる場所に制限が出てしまったり、希望する場所での使用が難しくなったりということもあります。そこで、作成したものが水濡れして使い物にならなくなってしまったり、予定している場所で使用できなくなったりすることを防ぐためにも、事前に使用方法や使用場所を伝えて相談しながら素材も選ぶようにしましょう。




最後に、業者は複数の業者に見積もりを出して価格やサービス、対応、発送時期を総合してベストなところを選ぶようにすることが望ましいです。比較検討することで相場も理解できますし、仕上がりに不満を抱く可能性も抑えることができます。

;